ハトムギ化粧水とベルブランの併用について

ハトムギ化粧水とはドラッグストアでも売られているポピュラーな化粧水で非常に誰もが知っていると思います。
使ったことがある人がほとんどではないでしょうか?

 

私も念のため購入しております。1?タイプ。。。ちょっと大き目ですが、ハトムギ化粧水は安いのでこのぐらいの量目でも「まいっか!」といった状態で玄関に放置して時々使っています。これをベルブランと併用したときにどうなのかをちょっと私なりの見解を述べてみました。

 

ハトムギ化粧水とは?
ハトムギエキスを使用した化粧水で、おそらく全国どこでもドラッグストアで売られている説明不要の化粧水。成分は主に水、DPG、BG、グリセリン、グリチルリチン酸2Kが含まれております。他にパラベンも加えられており、フリーにはなりませんが人気。スタンダードな化粧水です。

 

それぞれ用途は違う

 

ハトムギ化粧水⇒化粧水、ベルブラン⇒美容液でそれぞれ種類は違います。なので、一緒に使うのは良いのかなと思う人もいます。ただ思う事は併用をしなくても基本的には良いかなというのが本音です。もし併用して使う場合は保水力が極端に少ない人は一緒に水分補給のためハトムギ化粧水を加えたほうが良いのかな?そんな考え方です。

 

 

そして、両方使う場合はどちらかというと、化粧水よりも保湿力のある乳液なんかを併用したほうが肌の為には良いかなと思います。ハトムギ化粧水は確かにコスパとしては良いと思います。ただあくまで「値段が安く害が少ない化粧水だから人気」という印象が個人的には強いのかなと思います。なので、広く愛用されているのかなというのが感想。

 

 

ニキビ、シミ、肌トラブルを考える上ではまた違う

 

私の中では肌トラブルを治す意味では「ベルブラン+ハトムギ化粧水」だと少し違う気がします。
良い意味でベルブランはナノ化効果もあるため特徴的な美容成分を含んだものを選んで使われた方がせっかくなら良いと思います。

 

>>リプロスキンと併用

 

そうすると肌へ浸透させやすいという効果は少なからず生まれてくると思います。
なので、肌へ求める効果を自分でハッキリ把握することが大切です。

 

ちなみに余談ですが、個人的にハトムギ化粧水って評価高いですが特に良いわけではありませんよね。
確かに化粧水なので、値段が安ければそれに越したことはないと思うのですが、それはあくまで20代前半までだと感じます。

 

ある程度肌トラブルが重くなってくる30代中盤以降は化粧水をハトムギのみで使用することにしてもイマイチ肌が良くならないので、ちょっと疑問です。

 

 

ベルブランを使用したいと思っている人はニキビケアの人だと思うので、そういったことを考慮すると浸透力やナノ化を特徴とした化粧水や刺激性ができるだけ低い化粧水を選んだほうが個人的に良いと思っています。

 

まとめ

 

「ベルブラン+ハトムギ化粧水」⇒保水をより肌の奥深くへ求める場合の組み合わせ 
「ベルブラン+乳液」⇒ベルブランの成分を肌により閉じ込めたい組み合わせ
「ベルブラン+オールインワン」⇒両方の美容成分を肌へ深く取り込みたいときの組み合わせ

 

 

 

ハトムギ化粧水の場合はベルブランと組み合わせても「値段が安いからまいっか…」という納得であまり批判的なコメントもないので、良いと思います。
私も朝時間ないときは家の玄関に500mlをセットして浸けてすぐに行くのですが、申し分はないです。

 

ベルブランでニキビを治そうと思っている人はハトムギ化粧水のようにお値段がある程度安い化粧水との組み合わせは経済的にも味方になってくれるので個人的にもアリな選択で一度は試すべきだといえます。

 

 

など用途に合わせて使われるのをおススメします。
ベルブランは汎用性の高い美容液ですのでアレンジできることは多いと思います。

 

>>ベルブランのガチな使い方とは?

 

ナチュリエ スキンコンディショナー 500ml

新品価格
¥450から
(2018/12/29 06:25時点)

トップへ戻る