ベルブランは高校生に必要?

 

ベルブランは高校生に必要なのかについてちょっと書き出してみました。
基本的にはベルブランは大人用(20歳を越えてから)の美容液のイメージがありますが、実際は高校生でも使用は可能です。

 

 

というよりも化粧品全般は年齢よりもどちらかというと、肌質を気にするべきだと思うので10代、20代、30、40…というような年齢で考えなくても良い部分もあります。

 

ただ統計的には「25歳がお肌の曲がり角」と言われているように、肌荒れが見て現れやすくなるのは間違いないので年齢も大きな目安だと思います。

 

 

しかし、基本的には「高校生にベルブランは必要ない」と個人的には思っています。

 

それについての見解と逆にどうゆう人がベルブランが必要なのかについて書いていきたいと思います。

 

ベルブランを使ったほうが良い高校生

 

 

  • どうしてもすぐにニキビを治したいと強く願っている人
  • 肌質が明らかに弱い(乾燥肌・敏感肌でも特に酷い)
  • ニキビの原因が乾燥によるもの

 

上記の3つがいずれかの理由の人はベルブランを使用してみても良いかもしれません。

 

でも基本的には高校生であればターンオーバーの周期で自然回復することが多いです。
だってまだまだお肌が若い10代ですから。

 

それに脂ギッシュで新陳代謝が活発な時期だからこそニキビが一時的にブワっと発生しているだけな可能性も高いです。
それであれば、洗顔や脂取り紙でキチンと皮脂を取ってあとは化粧水で保護をすれば大丈夫な人の方が多いと思います。

 

 

肌が明らかに弱く乾燥が原因でニキビが発生している場合

 

一般的な例で言うと、青春のシンボルといわれる代謝によるニキビだと思いますが稀に肌が弱く乾燥原因でニキビができてしまっている人もいると思います。
そういった人はベルブランを使っても良いかもしれません。

 

そして、ファンデーションやBBクリームで一時的に凌ぐのではなく、根本的にケアしたい人は悪くはないと思います。

 

 

現に高校生でもベルブランを購入する人はいるらしく、「買って浸けたらニキビが薄まった!」という記事も見かけたことがあります。
なので、どうしてもの場合でお医者さんだと高いし、自宅で治したいという人はトライしてみるのもアリかもしれません。

 

ただお値段もそこそこ高いので、まずは通常購入からをおススメします。
ですが、ニキビは1ヶ月だけでは高校生の肌ターンオーバーを相乗しても直らないケースもあるので、その点はよく考えたほうが良いかもしれません。

 

 

>>ベルブランの使い方とは?

 

トップへ戻る