ベルブランの副作用

 

ベルブランをお肌に塗って副作用があったらどうしようかしら?
と心配な人へ書いてみました。

 

 

まず口コミの段階でベルブランで副作用が出てしまった…
という人は調べてもいませんでした。

 

ベルブランは元々、ニキビケアの美容液ですので無添加ということも特徴ですし、肌にとって刺激があるものを極力使っていないように感じます。

 

ベルブランの成分を見ても基本的にはエキス主体(主に保湿性)であり、後はヒアルロン酸が多数、トラネキサム酸(美白成分)、グリチルリチン酸2K(消炎成分)などを中心に構成されているので非常に肌のことを考えて作られている化粧品だと思います。

 

 

ですが、それでも「パッチテスト」は必ず必要です。

 

お肌は千差万別なので、中には肌に合わないという人も存在するでしょう。
しかし、ベルブランで副作用が出た、肌がボロボロになってしまったというようなトラブルは非常に可能性としては少ないです。

 

 

ベルブランで副作用があるとしたら、アレルギー

 

万が一ベルブランで副作用があったとしたらアレルギーによるものです。

 

アレルギーだけ非常に特異な物を持っている人もいらっしゃいます。
基本的に危険とされて指定されているようなアレルギー成分はベルブランを見てもありませんが、たまに普通では考えられないアレルギーを持った人もいるので、成分はチェックしてみてください。
ベルブランの使い方にも成分は載っているので、気になる人はチェックしてみてください。

 

 

化粧品は身体に浸ける分、食品のように27種アレルゲン品目のように食べるとかなり身体に異変をもたらすようなことはないと言えます。

 

ただ過去に病院で薬を処方したときに、受け付けなかった成分などがわかれば、確認しておいたほうが良いかもしれません。

トップへ戻る