ベルブランにアトピー肌は合う?

 

ベルブランを使用する際にアトピー性皮膚炎の人も使用者の中にいると思います。実際私もアトピー性皮膚炎ですがやはり化粧品の種類は多少選んだほうが良いです。

 

 

しかし、極端に選び過ぎなくても大丈夫ですが、やはり刺激が強いものや揮発性があるものって肌の荒れ方がけっこう酷いと思います。特に首元なんかシワ対策として美容液を塗る人も多いと思います。そういった人はベルブラン以外の美容液を使用する際は気をつけた方が良いですね。

 

 

というよりも化粧水や洗顔でもやはりアトピーが発生しやすい部分はピリピリしますし、肌が荒れるのが酷いです。
では「ベルブランは安全か?」についてですが、全く問題ないと言えます。

 

 

アトピーの症状によっても肌荒れは違う

 

アトピーにも多少症状が酷いタイプとそうでないタイプもいますし一概には言えない部分がありますが、私の症状であればアトピー症状であれば普通です。

 

 

子供の頃は酷く湿疹や血が出たり腫れていましたが、大人になり今では抵抗力もついて前よりマシです。それでもやっぱり首元や腕を曲げる部分は湿疹ができる日やできない日もあるため完全には治りませんね。ベルブランの場合は成分も香料、鉱物油、パラべン、着色料、アルコールは使用していない無添加タイプの成分ですので安全性は非常に高いと言えます。

 

 

実際アトピー肌であればここまで気をつけていなくても問題ですね。やっぱり気になる成分はアルコール、パラベン辺りはあるとNGのような経験があります。それ以外でも刺激性の成分は極力使用していないのでとても安全だと言えます。

 

 

アレルギー症状も気を付ける

 

あとはベルブランを使用する際に、アトピー性皮膚炎に気をつけるというよりもアレルギー成分に該当物がないかチェックする方ことも大事です。

 

 

やっぱり合わない成分はどうしても人によって違いますし、私もクスリ処方で成分なんかはチェックしています。ベルブランは基本的に該当しそうな成分は極力ありませんが、アレルギーだけは特異なものでどんな化粧品にも個人差で反応が違うのであとはそれだけ気をつけてください。

 

 

ベルブランは美容液としてトップクラスに人気が高いので基本神経質にならず一度使ってみて判断したほうが早いと思います。

 

>>ベルブランとメイクの相性

トップへ戻る